偏頭痛の3つの原因

先日、過去にないくらいの偏頭痛というものを体験しました。その前々からそういった気配はあったのですが、今回ついに大きい波となって発生したようなかたちです。では、なぜ片頭痛が起こるようになってしまったのでしょうか。

インターネットで検索してみたところ、その理由には大きく分けて3つあって、1つは食生活によるもの、2つ目は女性ホルモンの減少によるもの、3つ目はセロトニンの不足によるものだ、ということがわかりました。

食生活については、具体的にはマグネシウムというミネラルの一種である栄養素の不足が原因です。

2つ目の女性ホルモンの減少によるもの、というのは、わかりやすく言うと生理前後のホルモンバランスの乱れによるものです。エストロゲンが減少してしまった結果、偏頭痛だけでなく、PMSと呼ばれるように様々な症状が出てしまうのです。

3つ目のセロトニンというのは、脳の血管を収縮するはたらきがある物質なのですが、それが不足してしまうと血管がドンドン拡大してしまい、炎症してしまうのです。その結果、偏頭痛の症状が現れるのだ、ということがわかりました。

そういえば、最近になって食生活が悪くなったり、生理のタイミングが重なってしまっていたことを思い出しました。偏頭痛の原因って、案外身近にある単純なことなんですね。